Twitter隠れたお得広告メニュー「Amplifyスポンサーシップ(IVS)制作型」を解説!

2021.05.06

Share

この記事の著者

山内 梨奈

2006年株式会社アイレップへ入社。メディアプランナーとしてソーシャルメディアを中心に認知領域からダイレクト領域まで幅広いプランニング・提案を行う。
2020年からは、ソーシャルメディアにおける情報流通の効率化や、運用の標準化等、全社運用能力の向上を目的とした業務に携わる。

趣味:美味しい食べ物とお酒。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」をずっと聴いてます。
最近はまってること:野菜の定期宅配頼み始めました。普段、自分では買わない野菜が届いて楽しいです。

2006年株式会社アイレップへ入社。メディアプランナーとして...

Twitterのタイムラインで、動画クリエイターやお笑い芸人、そしてマンガコンテンツなどのミニ番組のような動画が投稿されているケースを目にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そのようなコンテンツと連動可能なTwitterのスポンサーシップ型広告メニュー「Amplifyスポンサーシップ(以下、IVS)制作型」をご紹介します。

IVSでは、Twitterとスポンサーシップを結ぶコンテンツパートナーが、普段配信しているコンテンツの世界感を活かしながら広告主の商材訴求に合わせたクリエイティブを制作し、広告主はそのクリエイティブを活用した広告配信も可能です。
本記事では、IVSの魅力とIVSの中でも人気のマンガ制作型についてご紹介します。

1. Amplifyスポンサーシップ(IVS)制作型 とは?

IVSは、コンテンツパートナーが独自で提供しているメニューではなく、Twitterの広告メニューのひとつです。Twitter社が契約しているコンテンツパートナーのなかから1社を選択し、タイアップ広告の制作が可能です。

選択可能なパートナーは約60以上※1となり、制作できるコンテンツはオリジナル企画や動画クリエイター ・タレントを起用した企画、新商品発表やインタビューなどのライブ配信、マンガ制作など幅広いラインナップが存在します。

また制作したコンテンツは、コンテンツパートナーのTwitterアカウントでツイートかつプロモツイート※2として広告配信可能となります。

※1:2020年12月現在。
※2:プロモツイートとは、Twitterタイムライン上に表示されるTwitter広告メニュー。特定のTwitterアカウントをフォローしているユーザーや、自社のTwitterアカウントフォロワーの類似ユーザー、特定キーワードや絵文字をツイート・検索しているユーザーなどのターゲティングやフォロワー以外のユーザーへのリーチが可能です。

41518919660_01

※3:https://twitter.com/BRUTUS_mag/status/1282871187023048706
※4:https://d1ibxmtjphtp36.cloudfront.net/media/TokyoCalendar_x_Twitter_IVS_v1.5.pdf

(図1:動画コンテンツ+記事稿制作/ドラマ作成パートナー例)

 

41518919660_02-2

※5:https://www.cchan.tv/watch/b2565ed5b7374a05b0bded4378585033/
※6:https://www.youtube.com/watch?v=QDrZWScgNQs&t=9%EF%BC%897s

(図2:動画クリエイター/タレントによる商品動画制作パートナー例)

 

41518919660_03-2

(図3:ライブ配信コンテンツ制作パートナー例)

 

41518919660_04-1

※7:https://twitter.com/gyuunyuu_umai/status/1107084231824629760

(図4:マンガ、番組制作パートナー例)

41518919660_05

(図5:IVS掲載イメージ)

 

2.IVSの3つの特徴

IVSならではの特徴として以下3つが挙げられます。

2.1 特徴(1)コンテンツ制作費が無料
2.2 特徴(2) 特定のパートナーが作成する良質なコンテンツ
2.3 特徴(3)クリエイティブの二次利用費コストカット

2.1 特徴(1)コンテンツ制作費が無料

通常、タイアップ広告は制作費や企画費・キャスティング費などが必要になるケースが多いですが、IVSは広告配信費にこれらがすべて内包されたパッケージ※8です。媒体特性に合わせたクリエイティブを制作したいが、制作にかける予算がない時にもおすすめです。

※8:パッケージに内包される内容はパートナー及びパッケージによって異なりますので、詳細な情報は、パッケージごとにお問い合わせください。

41518919660_06

(6IVSの料金設計イメージ)

2.2 特徴(2) 特定のコンテンツパートナーが作成する良質なコンテンツ

指定したコンテンツパートナーが持っているデータやノウハウ、独自の世界感を活かしてコンテンツの制作がおこなわれるため、質の高いクリエイティブで広告配信をすることが可能です。

例えば、化粧品通販の企業が「ベースメイク化粧品」のプロモーションをおこなう場合、化粧品クチコミサイトを運営しているコンテンツパートナーを選択することで、パートナーが収集したクチコミ情報※9を活かしたクリエイティブを制作することができます。

またそのクリエイティブをコンテンツパートナーのTwitterにてツイートすれば、コンテンツパートナーのフォロワーに対して自社ブランドの商品認知をおこなうことができます。

さらにプロモツイートにて「ベースメイク」のキーワードターゲティングで広告配信をおこなうことで、ベースメイク関連の情報を収集しているTwitterユーザー全体に配信することが可能です。

※9:クチコミ情報を利用可能か否かはパートナー及びパッケージによって異なりますので、詳細なコンテンツ情報は、パッケージごとにお問い合わせください。

 

41518919660_07-1

(図7:MiniTV@Mimi4_TVの「クチコミ×TwitterADパッケージ」※10)
※10:https://twitter.com/Mimi4_TV/status/1237294622365360128
https://twitter.com/i/events/1233327805254946816

2.3 特徴(3)クリエイティブの二次利用が可能

制作したクリエイティブは、パッケージ内容によって二次利用も可能※11です。YouTubeなどの他メディアへ配信する際のクリエイティブ制作費コストカットにもなります。

※11:二次利用可否および、利用媒体、料金発生有無は、パッケージによって異なりますので、詳細はパッケージごとにお問い合わせください。

41518919660_08

(図8:IVS制作型二次利用イメージ)

3.マンガ 制作型IVSの3つの特徴

3.1 特徴(1)安価なリーチ単価

IVSの中でも、マンガ・イラストインフルエンサーとタイアップをする「マンガ制作型IVS」は、マンガコンテンツとTwitterの相性の良さからリツイート率も高く人気のパッケージです。

SNSマンガ家は、他のインフルエンサーよりフォロワー数が劣る場合でも、圧倒的なリツイート数の結果が出た結果となったケースも出てきているようです。さらに、マンガ制作型IVSはエンゲージメント率も高く、平均16%となっています(インフルエンサーマーケティングでの平均エンゲージメント率は平均約2-3%)※12

リツイートされたツイートは、リツイートしたユーザーのフォロワーにも視認されるため、かけた広告配信費用以上にインプレッションを獲得することができ、リーチ単価も安価になる傾向にあります。

※12:https://markezine.jp/article/detail/29370?p=2

41518919660_09-1

(図9:インフルエンサーとリツイート率の関係※13)
※13:wwwaap 提供のデータをグラフ化したもの
https://markezine.jp/article/detail/29370?p=2

3.2 特徴(2) エンゲージメント率が高く、態度変容施策に効果的

当社の実績では、エンゲ―ジャー(ツイートに反応したユーザー)は態度変容効果の中でも検討意向のアップリフトが高い傾向にあることが分かっています。

Twitterはタイムラインの流れが速くツイートが注視される時間は限られますが、ユーザーの目を惹き、エンゲージメント率の高い漫画コンテンツは、検討意向に効果的なメニューと言えます。

41518919660_10

(図10:アクションごとの検討意向 エンタメ業種※14)
※14:当社事例

 

3.3 特徴(3)多くの情報を伝えられるため理解促進に効果的

マンガ制作型IVSパッケージは、テキストや画像よりも訴求したい内容を漫画で詳細に伝えることができるため、業種や訴求内容問わず「サービス内容が複雑な商材/熱狂的ファンが生まれにくい商材」での活用にも適しています。

 

41518919660_11-1

(図11:RAIZIN PR漫画/wwwaap所属漫画家 阿東 里枝@tanimikitakane※15)
※15:https://twitter.com/tanimikitakane/status/1276470601352245249

4. まとめ

IVSは、Twitterとコンテンツパートナーの力を最大限に活用することが可能な広告メニューです。上記でご紹介したマンガだけでなく、多種多様なカテゴリのコンテンツパートナーが存在し、高品質なコンテンツ制作を可能にします。また制作費と広告配信費がセットになっており、訴求商材やプロモーション内容に応じて親和性の高いコンテンツパートナーを選択することで、お得な価格レンジで高いパフォーマンスを出すことが可能になります。「クリエイティブ制作にご予算投下が難しい」「制作ノウハウがない」などのお悩みがあるが、Twitterで認知向上、態度変容、理解促進を促す施策をおこないたいご担当者がいらっしゃいましたらぜひアイレップまでご相談ください。

お問い合わせはこちらから。

Share

一覧に戻る

おすすめのダウンロードコンテンツ

人気記事ランキング

この著者の人気記事

人気のタグ

無料メルマガを購読する

DIGIFULのSNSをフォローする

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin