Googleが示す検索品質評価ガイドラインとは?おさえるべきポイントを解説

2021.11.18

Share

この記事の著者

増渕 佑美

2014年に株式会社アイレップに入社し、SEOコンサルタントとして従事。ソリューションビジネスUnitインバウンドマーケティングDivに所属。通販や人材などデータベース型サイトを中心に経験を積んでおり、現在はメディアサイトのSEOも担当し幅を広げている。
好きなこと:散歩、パズル、動物の動画をみること

2014年に株式会社アイレップに入社し、SEOコンサルタント...

2021年10月20日にGoogleは検索品質評価ガイドラインの更新にあわせ、検索品質評価ガイドラインについて説明する記事を公開しました。検索品質評価ガイドラインは目的や使われ方がイメージしにくいこともあり、よくわからないと感じている担当者も多いのではないでしょうか。本記事では、検索品質評価ガイドラインの位置づけや使われ方、SEO担当者が把握しておくべきポイントを解説します。

Googleが示す検索品質評価ガイドラインの位置づけ

検索品質評価ガイドラインとは、Googleが外部に委託している検索品質評価者が、検索結果の品質を評価するための指針をまとめたものです。検索品質評価テストとは、図1の「検索結果をテストする」の中に含まれます。

59572094357_01-1

(図1:Google 検索の仕組み)

図1のようにGoogle 検索には、大きく4つのプロセスがあります。

情報を整理する

GoogleがWeb上の情報をクロールし、インデックスに登録して整理します。GoogleにインデックスされていないWebページは検索結果に表示されないので、Google 検索に表示させるにはインデックスされていることが重要です。GoogleのクローラーはGooglebotと呼ばれ、新しい情報を常にクロールしています。

参考URL:情報の整理 – Google 検索の仕組み

検索結果のランキングを決める

検索結果に有用な情報を表示できるよう、検索アルゴリズムがさまざまな要因やシグナルを考慮して自動でランキングを決めます。主に下記の要因がランキングに影響します。

 ・検索クエリの意味
 ・コンテンツの関連性
 ・コンテンツの質
 ・ウェブサイトのユーザビリティ
 ・コンテキストと検索ユーザーの設定(ユーザーの位置や言語、検索履歴など)

参考URL:ランキング結果 – Google 検索の仕組み

検索結果をテストする

検索結果が常にもっとも有用で関連性の高い情報を提供し続けられるよう、膨大な数のテストが行われています(2020年のテスト実施回数は60万回以上)。このテストには、「ライブトラフィックテスト」「検索品質評価テスト」「検索結果の比較テスト」があり、そのうちの「検索品質評価テスト」で検索品質評価ガイドラインが使われています。

参考URL:厳格なテスト – Google 検索の仕組み

検索品質評価ガイドラインの使われ方

検索品質評価テストとは

検索品質評価テストは、Googleが外部に委託している検索品質評価者によりおこなわれます。検索品質評価者は世界中に10,000人以上いて、検索品質評価ガイドラインに沿ってコンテンツがユーザーの検索リクエストにどの程度合致しているかを継続的に評価しています。

59572094357_02

参照元: 厳格なテスト – Google 検索の仕組み

(図2:検索品質評価テストにおける評価者の判定について)

検索品質評価ガイドラインの内容

検索品質評価ガイドラインには、評価項目に加えて、コンテンツの品質やYMYL(Your Money, Your Life)、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)の定義などが170ページ以上にわたって具体的に示されています。ページ数が多いので詳細を理解しようとすると時間がかかりますが、主要な評価項目は大きく分けて3点です。

1.ページクオリティ(Page Quality)

「評価対象のWebページが目的をどの程度達成しているか」が評価されます。通常、Webページはひとつ以上の目的があって作成されます(例:ニュースサイトのページであればニュースを表示する、商品販売ページであれば商品情報を表示して販売する)。この項目の評価では以下の要素が重要視されます。また、YMYLに該当する(人々の幸福、健康、経済的安定性、安全性に関わる)と定義されているトピックは評価基準が非常に高く設定されています。

・ページの目的
・E-A-T(専門性、権威性、信頼性)
・メインコンテンツの品質と量
・Webサイトに関する情報/メインコンテンツの責任者に関する情報
・Webサイトの評判/メインコンテンツの責任者に関する評判

2.モバイルでの使いやすさ

「モバイル検索特有の状況にも対応できているか」が評価されます。モバイルで検索をする時は、デスクトップと比較してデータの入力が面倒、画面が小さい、モバイルでは使いにくいWebページがある、接続が遅いことがある、などの状況があります。また、その瞬間に結果を求めており、検索に多くの時間を費やせないモバイルユーザーのためにタスクを簡単にする必要があります。

3.ニーズとの一致(Needs Met)

「モバイル検索ユーザーのニーズに検索結果がどれだけ対応できているか」が評価されます。高評価を得るには、検索ユーザーのニーズに対応したWebページを公開することが重要です。この項目の評価はWebページだけでなく検索結果全体が対象で、以下の5段階で評価がおこなわれます。

評価 説明

FULLY MEETS(FULLYM)

特定のクエリと結果にのみ適用される特別な評価カテゴリ。すべてまたはほとんどすべてのモバイルユーザーは、結果に即座に完全に満足し、ニーズを満たすために他の結果を表示する必要がない。

HIGHLY MEETS(HM)

多くまたはほとんどのモバイルユーザーにとって非常に役立つ。一部のユーザーは、追加の結果を見たいと思うかもしれない。

MODERATELY MEETS(MM)

多くのユーザーに役立つ、または一部のモバイルユーザーに非常に役立つ。一部または多くのユーザーは、追加の結果を見たいと思うかもしれない。

SLIGHTLY MEETS(SM)

少数のモバイルユーザーに役立つ。検索クエリと検索結果に関連性はあるものの、強力で満足のいく関連性ではない。多くまたはほとんどのユーザーは、追加の結果を見たいと思う。

FAILS TO MEET(FAILSM)

モバイルユーザーのニーズを完全に満たすことができない。すべてまたはほとんどすべてのユーザーが、追加の結果を見たいと思う。

テスト結果の使われ方

検索品質評価テストの結果は、直接検索結果のランキングに影響することはありません。評価結果はGoogleにより集計され、検索アルゴリズムの中でそれぞれのシステムがどの程度機能しているかを測定するために使われます。

Googleの発表によると、2020年には383,605件の検索品質評価テストがおこなわれたそうです。他の種類のテスト回数も合計すると60万回を超え、この結果から4,887件の改善がリリースされています。

検索品質評価ガイドライン、SEO担当者はどの程度知っておけばよい?

前述のとおり、検索品質評価ガイドラインは検索品質をテストするための指針であり、Googleが企業のSEO担当者向けに作成しているものではありません。SEOを専門とするコンサルタントや基本的な施策をやりきっているようなSEO担当者は、熟読することでGoogleが目指す検索結果を推測できるため有用ですが、そうでない限りはガイドラインの位置づけと役割、ご紹介した3点の評価項目を知っておく程度で十分と思われます。また、検索品質評価ガイドラインは不定期に内容が少しずつ更新されますが、その都度内容を細かく把握する必要性もほとんどありません。

GoogleはSEO担当者向けにSEO スターターガイドも公開しており、この中で検索エンジンが評価しようとしているコンテンツのポイントを解説しています。まずはこちらで基本的な考え方を把握したうえで、自社のWebサイトをより良くするために時間を使うことをおすすめします。

参考URL:SEO スターター ガイド: 基本 | Google 検索セントラル | Google Developers

興味のある方向け:2021年10月の更新箇所

企業のSEO担当者は更新内容をその都度把握する必要はないと書きましたが、アイレップのSEOチームでは更新内容を都度確認してGoogleが目指す検索結果の方向性の理解に努めています。10月に更新があった主な箇所は以下となっていますので、興味のある方はご確認ください。

1.YMYLのサブカテゴリ「Groups of people(人々のグループ)」の拡張(2.3章)

YMYLのサブカテゴリである「人々のグループに関する情報または主張」で示される定義に、暴力事件の犠牲者とその親族、その他組織的な差別や社会的排除に関連する特徴が追加されました。

2.「Research on the Reputation of the Website and Creator of the Main Content(Webサイトやメインコンテンツ作成者の評判を調査する方法)」の更新(2.6.1章)

これまでも品質評価ガイドラインには著者やコンテンツ作成者の調査について記載がありましたが、今回の更新で以下の文章が追加されました。

「個人の著者やコンテンツ作成者の場合、経歴情報の記事は評判の調査で優れた情報源になります。」

3.「Lowest Page Quality(最も品質が低いページ)」の定義の更新(7.0章)

「最も品質が低いページ」の定義が以下の通りに更新されています。

  • Webサイトまたはページに有害な目的がある場合、またはその真の目的について人々を欺くように設計されている
  • 人や社会に有害である、信頼できない、またはスパムであるWebサイトまたはページ
  • その他は、ガイドラインで概説されている基準で判断する

4.「Deliberately Obstructed or Obscured MC(意図的に隠されているメインコンテンツ)」の定義の更新(7.4.4章)

具体例がこれまでよりも詳細に示されるようになりました。

  • ページをスクロールするのに合わせてメインコンテンツを覆い続ける広告
  • メインコンテンツを見えなくし、Webサイトの利益になるアクションを実行しないと閉じられないポップアップ
  • ユーザーのダウンロードやクリックを強要しようとするインタースティシャル
  • 多くのユーザーがメインコンテンツに気づかないほどにメインコンテンツを下に押し下げる広告
  • 白の背景に白の文字や、人間が読みにくい表示をしているメインコンテンツ

まとめ

検索品質評価ガイドラインには検索結果の評価に関する詳細な情報が記されていますが、あくまでも評価者向けの情報であり、Webサイト改善のための直接的なアドバイスは載っていません。一方で、ガイドラインで示されている評価項目自体は、Webサイト運営でも重要です。一般のSEO担当者であればガイドラインを読み込む必要性はほとんどないですが、評価項目(ページクオリティ、モバイルでの使いやすさ、ニーズとの一致)やYMYL、E-A-Tといった概念は理解して、Webサイトを運営いただくことを推奨します。

Share

一覧に戻る

おすすめのダウンロードコンテンツ

人気記事ランキング

人気のタグ

無料メルマガを購読する

DIGIFULのSNSをフォローする

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin