Google オプティマイズの機能を解説!GA4との連携メリットと手順を紹介【GA講座】

2022.04.05

Share

この記事の著者

島田 拓来

2015年アイレップへ入社。専門領域はGoogle アナリティクス、tableau®設計構築。SEO領域のディレクター業務を経てアナリストに。Google アナリティクス、Adobe アナリティクスのデータ活用のほか、ダッシュボード構築のプロジェクトが得意。

趣味:料理、料理動画を見ること

2015年アイレップへ入社。専門領域はGoogle アナリテ...

Google オプティマイズとは

Google オプティマイズは、Webサイトの目標数値を向上させるためにWebページの要素を変えてテストをおこなうことができるツールです。オプティマイズを利用すると、さまざまなWebページをテストして、指定した目標に照らした際のページの表示結果を確認できます。テストの結果に基づいて、最良と考えられるページを特定します。

Google オプティマイズを利用するメリット

オプティマイズを利用することで、一部のユーザーを対象にWebサイトの新しいデザイン、レイアウト、コンテンツのテストを実施できます。直感や少数の意見に頼ってページやサイトのデザインを決めるのではなく、複数パターンのデザインを実際のユーザーに使ってもらい、その結果をわかりやすいフォーマットで確認することによって、より高い成果を得られるWebページを作成することができます。

Google オプティマイズで実施できるテスト

Google オプティマイズでは、いくつかのテストを実施することができます。

A/Bテスト

A/Bテストは、同じWebページについて複数のパターン(AとB)を用意し、それらをランダムに表示して成果を調べるテストのことです。

69335479829_01

(図1:A/Bテストのイメージ)

リダイレクトテスト

リダイレクトテストでは、同一ページ内の個々の要素に変化を付けるのではなく、URLが互いに異なる複数のページを比較します。デザインが大きく異なる2つのランディングページや、全面的にデザイン変更したページをテストする場合にリダイレクトテストを使用します。

69335479829_02

2:リダイレクトテストのイメージ)

多変量テスト

多変量テストでは、複数の要素を持つパターンを同時にテストして、最良の結果を得られる組み合わせを特定します。これは、最良の結果を得られる各要素のパターンを特定するとともに、要素間の相互作用を分析します。

69335479829_03

3:多変量テストのイメージ)

Google アナリティクスとオプティマイズの連携

Google アナリティクスとオプティマイズは密接に関係しています。Webページをテストするには、テスト結果を得るためのデータが必要です。そのため、オプティマイズを利用するにはWebサイトのデータを計測しているGoogle アナリティクスとの連携が必要です。連携をすることによって、アナリティクスの指標をテスト目標として使用し、ターゲットとするセグメントを設定してテストをおこなうことができます。

Google オプティマイズとGoogle アナリティクス(GA4)を連携する手順

GA4とは

Google アナリティクス 4(GA4)は、Google アナリティクスの新しいプロパティの名称です。GA4は、これまで利用されてきたユニバーサル アナリティクス プロパティでは対応が難しいようなWebサイトやアプリケーションにも適用できるアナリティクスツールとして設計され、2020年10月に正式公開された新しいバージョンのGoogle アナリティクスです。

連携にあたっての前提条件

2つのツールを連携する前提として、次のものが必要です。

・オプティマイズのアカウントとコンテナ
・Google アナリティクス 4のアカウント、プロパティ、Webデータストリーム
・最適化するページごとに、optimize.js を使ってオプティマイズスニペットをインストールしていること
・オプティマイズのコンテナに対する公開(またはそれ以上の)権限
・アナリティクスのプロパティに対する編集(またはそれ以上の)権限

オプティマイズをGoogle アナリティクスのプロパティにリンクする手順

1.オプティマイズのアカウントページを開きます。

69335479829_04

(図4アカウントページを表示

2.オプティマイズでテストを実施している場合、テストが終了するのを待つか、手動で終了します。テストが終了してもデータは保持されます。

3.Webサイトのパーソナライズを手動で終了します。Google アナリティクス 4プロパティへリンクした後に、コピーしたWebサイトのパーソナライズを開始できます。

4.[設定] をクリックしてコンテナ設定を開きます。

(図5:アカウントページで設定ボタンを選択)

5.[Google アナリティクス] または [アナリティクスへリンクする] の横にある Edit をクリックして、アナリティクスの設定を開きます。

6.(既存のリンクの場合)[Google アナリティクス] の横の Edit をクリックします。

7.(新しいリンクの場合)[アナリティクスへリンクする] をクリックします。

8.Webサイト エクスペリエンスを実行するWebドメインに対応する Google アナリティクス 4 プロパティを選択します。

(図6:オプティマイズとリンクするGA4プロパティを選択)

9.新しいリンクを保存します。

参照元:https://support.google.com/optimize/answer/11287798

まとめ

Google アナリティクス 4とGoogle オプティマイズを連携させることで、GAで計測したデータにもとづいたターゲットユーザーに対するテストを行い、目的とする指標を設定することができます。Google アナリティクス 4とオプティマイズの連携や、連携機能を利用した改善に興味のある際は当社までお問い合わせください。

 

▼関連資料

Googleアナリティクス4プロパティのご紹介

Share

一覧に戻る

おすすめのダウンロードコンテンツ

人気記事ランキング

人気のタグ

無料メルマガを購読する

DIGIFULのSNSをフォローする

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin