データドリブンマーケティング施策におけるGMP/GCP活用方法を一挙公開!最新トレンド&事例紹介セミナー

20200612_webiner

2020.08.11

42

Share

ウェビナー内容

昨今、企業のビジネス課題の解決において、ビッグデータの活用は必要不可欠となっています。そのなかでも、Google マーケティング プラットフォーム(以下GMP)やGoogle クラウド プラットフォーム(以下GCP)を用いたデータを活用するマーケティング手法により、企業が持つデータの分析から施策までを一貫して行うことができます。

本動画では、GMPを主軸に各プロダクトの製品概要から各プロダクトとの連携、 いかに施策へ活用するかまで、企業課題に対する施策や事例をもとに最新のデータドリブンマーケティングの手法としてご紹介します。

講演者

永山 明好

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit データドリブンビジネスDivision
データドリブンビジネスグループ

2016年 株式会社アイレップ入社。2019年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に出向。アイレップ入社後は、解析・コンサルティング・ソリューションなどのサービス提供に従事。現在は、Googleアナリティクスを中心にGoogle、Adobe等の各プラットフォームと連携した統合的なマーケティングプロダクト活用に向けての解析設計、データ連携の基盤設計に携わる。

秋吉 哲也

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit データドリブンビジネスDivision
データドリブンビジネスグループ

2014年株式会社アイレップ入社、2019年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に出向。検索連動型広告やディスプレイ広告などの運用型広告を統合管理し、配信の最適化を行うプラットフォームを担当。現在はデータドリブンマーケティング推進に従事。

川村 知生

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit データドリブンビジネスDivision
データドリブンビジネスグループ

アイレップ入社後は、解析・コンサルティング・ソリューションなどのサービス提供に従事。現在は、Googleアナリティクスを中心に各プラットフォームと連携した統合的なマーケティングプロダクト活用に向けての解析設計、データ連携の基盤設計に携わる。

動画の視聴はこちら

一覧に戻る