機械学習を用いた新たな入札戦略”Smart Bidding”徹底解説ウェビナー

20201030_SmartBidding_webinar_968x544

2021.03.15

45

Share

ウェビナー内容

企業のビジネスモデルや広告出稿における成果目標はさまざまです。これまで採用されてきた手法では、企業ごとに持つ考えや成果目標に応じた運用が難しく、クライアント企業の意図が反映されていないケースも少なくありません。このような課題に対して、Googleマーケティング プラットフォームを活用し、獲得する価値の高いCVに重み付けをおこなう新たな入札戦略「Smart Bidding」が可能となりました。「Smart Bidding」を利用することで、機械学習を用いて獲得したいコンバージョンに合わせた入札をおこない 、クライアント企業が考える成果目標に対して重きを置いた広告運用を実現します。

本動画では、「Smart Bidding」の必要性から従来の運用手法との違い、事例について解説していきます。

講演者

石川 祐幹

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit 統合ソリューションセールスDivision
ソリューションコンサルティンググループ

2016年アイレップ入社。各社のデジタルマーケティング推進のコンサルタントとして従事。入社後、広告周りを中心として、金融・保険やアパレル、小売業など幅広い業種の新規獲得領域を数多く担当。2019年よりデジタルマーケティング全般の推進業務に従事し、顧客データを分析起点として新規獲得・既存育成の領域に取り組む。短期的な獲得施策だけでなく、中長期的な目線で顧客獲得や育成・支援を実施。

動画の視聴はこちら

一覧に戻る