基本から学ぶGoogle のページ品質評価の仕組み~YMYLとE-A-T~ウェビナー

20210120_webiner

2021.04.05

53

Share

ウェビナー内容

Google は2011年に実施した検索アルゴリズムの変更(通称:パンダ・アップデート)以後、コンテンツの品質評価の改善を続けています。ページ品質を評価する概念として、Page QualityやE-A-T(専門性、権威性、信頼性の略)がありますが、中長期的に自然検索トラフィックを増やすためにはGoogle が理想と考えるコンテンツのあり方や基準を理解することが大切です。

本動画では、Google が公開している検索品質評価ガイドライン(SQRG)やウェブマスター向けのドキュメントを読み解きながら、基本的なページ(サイト)品質の考え方や、その知識を踏まえた運用方法について解説していきます。

講演者

渡辺 隆広

株式会社アイレップ
SEM総合研究所 所長

日本のSEO黎明期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー ・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所 所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修する他、日米欧の検索業界の市場調査、サーチ マーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)等。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。

動画の視聴はこちら

一覧に戻る