LINE公式アカウント✕チャットソリューションでCX最大化!接客DX成功までの描き方ウェビナー

210730_LINE_webinar_700x393_日付なしVer

2021.10.21

56

Share

ウェビナー内容

昨今、さまざまなビジネスシーンで活用されているチャットサービスは、事前に設定した選択肢を提示するチャットボットに加え、有人接客による顧客のニーズやパーソナルな課題を解決するチャットコミュニケーションにより、活用方法の幅にも変化が生じています。チャットボットにより、24時間いつでも顧客接点を持つことが可能になるなど、Web接客として、チャットサービスが注目を集めています。そのなかでもLINEを活用した企業と顧客とが直接繋がれるオンライン上でのコミュニケーションを推進される企業が増えており、顧客情報データの拡充・顧客満足度の向上のための顧客のパーソナライズされたニーズの可視化などが重要視されています。

本動画では、株式会社空色、日本トータルテレマーケティング株式会社、アイレップの3社が、LINEとチャットソリューションを活用した新しいWeb接客の手法について事例を交えてお話していきます。

講演者

中嶋 洋巳

01

株式会社空色
代表取締役CEO

2005年04月西日本電信電話株式会社入社。新規事業開発部に所属し、コミュニケーションを用いたファッション提案アプリの開発など複数の新規事業開発に従事。2013年10月株式会社空色を創業。チャットを軸としたウェブ接客ソリューション「OK SKY」の開発・提供、チャットセンタ−運用受託事業を展開。2016年からAIを活用したチャットボットと有人接客をかけあわせたチャットサービス「What Ya」(ワチャ)を提供開始しコミュニケーション価値の最大化に取り組んでいる。

靍見 亮太

02

日本トータルテレマーケティング株式会社
ECソリューション事業部
部長

大学卒業後、大手アパレル企業に入社しセレクトショップへの卸営業、直営店の運営を経験。その後、レディースアパレル、雑貨、コスメのEC事業運営会社に入社し営業、MDを経験。現在はEC運営事業者様向けに売り上げアップ、業務改善、品質改善を中心に多数のプロジェクトに従事。

川田 麻由佳

03

株式会社アイレップ
ソリューションビジネスUnit カスタマーリレーションDivision
カスタマーリレーショングループ

2009年、株式会社アイレップ入社。健康食品、製薬企業、金融企業の案件に5年間従事し、運用型広告の仕組み作りを推進。その後、データドリブンマーケティング事業の立ち上げメンバーとして数々のプロジェクトに従事。2019年4月より、ソーシャルメディアマーケティングからオフラインを含むカスタマーサポート業務まで統合的に業務を推進する、カスタマーリレーションDivisionのマネージャーに就任。ソーシャルメディアを活用したフルファネル型のコミュニケーション施策やソーシャルコマース、AIを活用した顧客対応ソリューションの提供など、CRM領域を包括的に推進。

動画の視聴はこちら

一覧に戻る