これから挑戦すべき、テレビCMとデジタルメディアの評価方法(アドタイ・デイズ2022 春)

220424_Webinar_archive_アドタイデイズ_700x393 (1)

2022.06.23

27

Share

※本動画は2022年3月7日~3月11日に開催された講演のアーカイブです。

マーケティングと一言で言ってもさまざまな施策があります。デジタルメディアを中心とした"獲得型"施策や、テレビCMを使った大規模な認知施策。全てを横断した正しい施策評価ができているか、不安に感じることはありませんか?

本動画では、マーケティング施策の"効果"を再定義し、どのように評価していくことが中長期的な事業成長につながるかを、事例を交えてお話しします。テレビCMやデジタル広告施策の効果は可視化できて当たり前の時代。昨今の、そして未来の顧客を獲得するため、挑戦すべき取り組みをお伝えします。

動画の視聴はこちら(無料会員登録)

※デジタルマーケター育成のためのオンライン学習サービス「DIGIFULアカデミー」へ遷移します。

 

講演者

青山 友樹

irep-aoyama

株式会社アイレップ
ストラテジックプランニング Div. マネージャー

2014年アイレップに入社。ストラテジックプランニングDiv. マネージャーとして、クライアント企業の戦略立案、デジマスを横断したコミュニケーションやメディアプランニングと、その手法の開発を担当。広告運用業務からキャリアをスタートし、国内大手クライアント企業を担当。ダイレクト案件やブランド案件のプランニングや効果検証をおこなう。2020年4月より現職。

浅田 実季

irep-asada

株式会社アイレップ
ストラテジックプランニング Div. ストラテジックプランナー

2017年アイレップに入社。メディア担当として媒体社へ常駐した経験もあり、Web
メディアのプロダクト理解に長けている。2018年より広告運用コンサルとして大手予約
サイトの獲得メディアを運用。2020年から博報堂DYメディアパートナーズへの出向を経
て、ストラテジックプランナーとしてデジタル×マスの統合プランニングおよびメディア
プランニング領域に従事。

※3月11日時点の所属情報をもとに記載しています

動画の視聴はこちら(無料会員登録)

一覧に戻る