Google アナリティクス 360 によるデータ統合

2020.06.25

Share

この記事の著者

DIGIFUL編集部

「DIGIFUL(デジフル)」は、(株)アイレップが運営する「デジタル時代におけるマーケティング」をテーマにした、企業で活躍するマーケティング担当者のためのメディアです。

当社がこれまでに得たデータや経験から、具体的事例・将来展望・業界の最新注目ニュースなどについて情報を発信しています。ニュースやコラムだけでなく、日常業務や将来のマーケティング施策を考えるときに役立つダウンロード資料や、動画で学べるウェビナーコンテンツも随時追加していきます。

デジタルマーケティングの最新情報や知見を得るための信頼できる情報源の1つとしてお役立てください。

「DIGIFUL(デジフル)」は、(株)アイレップが運営する...

Google アナリティクス 360 ではBigQuery (Google が提供するデータウェアハウス)にデータをエクスポートすることができ、 ウェブ行動データとCRM等の外部データを突合することにより、さらに高度なデータ分析~活用を実現することが可能です。

データを統合することのメリットとは

部署を横断することや、コストがかかる等の理由から、データの分断が課題となっているケースが多くあります。 データを統合することのメリットは、データ取得環境をいち早く整えることにより、データが資産になることです。 マーケティング効果の最大化に向けて、短期施策だけではなく、中期/長期の視点で施策展開することが重要となってきます。

BigQuery とは

BigQuery とはGoogle が提供するクラウドサービスの一つであり、クラウド内のデータをSQLに近い言語を使用して集計や抽出ができるほか、 Google アナリティクス 360 のデータと外部データを結合・連携させ、複雑な分析を行うなど様々な活用が可能なツールです。

Google アナリティクス 360、BigQueryを活用したデータ連携の高度化

Google アナリティクス 360 ではBigQuery Export によるデータ連携をすることにより、オンラインだけではなく外部データも含めた総合的なマーケティングツールとしてご利用頂ける点が特徴となります。オンライン上でのデータ分析によるマーケティング活用に加えて、サイト外(店舗など)やCRM等の外部データでの分析を掛け合わせることによるマーケティング活用が実現できます。

 

30850365308_02

 

Google アナリティクス 360単体のトラッキングツールとしてではなく、BigQueryをハブとした「フルファネルのマーケティングプラットフォーム」として捉えて、 構築・高度化・効率化を進めていくことが求められます。

 

30850365308_03

 

まとめ

自社データ(オフラインやCRM)を活用できていない背景として、部署を横断することなどでデータが分断するケースが多くあります。活用することのメリットは、より精度の高いユーザー行動の可視化が実現できます。Google アナリティクス 360 ×自社データ(オフラインやCRM)を活用することにより、総合的なマーケティングでの解析を実施することができます。

Google および Google ロゴは、Google LLC の商標です。

<DL資料>はじめてのGoogle アナリティクス 360

Share

一覧に戻る

おすすめのダウンロードコンテンツ

人気記事ランキング

人気のタグ

無料メルマガを購読する

DIGIFULのSNSをフォローする

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin