【2021/12/16開催】運用型テレビCM『科学するテレビCM』解説ウェビナー

2021.11.29

Share

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小坂洋人、以下アイレップ)は、広告・宣伝・Webマーケティング担当者様を対象に、「運用型テレビCM『科学するテレビCM』解説ウェビナー」を、2021年12月16日(木)に開催いたします。講演は、アイレップ 運用型TVCM推進Division 冨田真吾、岩城雅史が務めます。

※本ウェビナーは、2021年9月16日に開催された講演テーマと同様です。前回、多くの方にお申込みいただいたため追加開催いたします。

近年、テレビCM における市場規模は1兆円を超えており、これまでその効果測定は広告接触人数・ブランドリフト率などの指標が利用されてきました。デジタル広告では、成果指標をベースとした効果測定と成果の可視化、成果に基づいたクリエイティブ制作などのデジタル化・オートメーション化が定着している一方、テレビCMでは遅れていると言われているのが現状です。

本ウェビナーでは、テレビCMの新しい考え方として当社が推進する運用型テレビCM、「科学するテレビCM」についてご紹介します。サイト流入やアプリインストールを目的としたテレビCMのクリエイティブ制作、行動・成果ベースでの効果測定、成果ベース型のメディアプランニングの手法について重点的にお話ししつつ、デジタル広告との予算最適化についても解説していきます。

主にテレビCMをミドル・ロワーファネル領域で活用したいと考えておられ、出稿を検討されているご担当者様、テレビCMを実施しているが効果測定ができていない、メディアプランニング・バイイングの方法を変えたいとお考えのご担当者様、テレビCMのクリエイティブ制作に課題をお持ちのご担当者様、必見のウェビナーです。

※1 参照元:日本の広告費
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/0225-010340.html

※本ウェビナーの受付は終了いたしました。

概要

開催場所

オンライン(開催前日までにウェビナーのURLがメールで送られます)

参加費

無料

開催日程

2021年12月16日(木)14:00

締切

2021年12月9日(木)13:00

備考

※応募者多数の場合は抽選となる可能性がございますので、ご了承ください。
※広告代理店、Web制作会社など、同業他社の方の参加はお断りいたします。

プログラム

14:00 - 14:40

講演
・TEAM JAZZについて
・運用型テレビCMプロダクト「科学するテレビCM」
・クリエイティブ制作を科学する
・メディアプランニングを科学する
・効果測定を科学する

14:40 - 14:55

質疑応答

講演者

冨田 真吾

tomita

株式会社アイレップ
第1コミュニケーションデザインUnit 運用型TVCM推進Division

ITベンダーでの通信業界向けの営業を経て、2007年にデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社に入社。アドサーバを中心とした媒体社向けのソリューション営業、出向先の広告会社でアクセス解析の事業推進に従事。2011年からは、トレーディングデスクやDSPプロダクト推進など様々な立場で運用型広告の責任者として業務に携わる。2017年からの3年間、コンサルティング会社におけるテレビCM×デジタル動画広告ソリューションプロダクトを推進しさまざまなクライアント企業へ導入。2020年11月にアイレップにジョインし、2021年4月から運用型テレビCM推進Divisionの責任者に着任。

岩城 雅史

岩城さん_500×500

第1コミュニケーションデザインユニット
運用型TVCM推進Division

専業代理店でクライアント・メディア営業を経て、2018年に統合プランナーとしてアイレップに入社。国内外を代表するエンターテインメント企業を中心にWebApp・デジマス統合マーケティングの戦略立案、実行業務に従事。2021年より運用型テレビCM推進組織と営業グループマネージャーを務め、ファネル横断のプロモーションにも従事。

他のセミナー・イベント

セミナー・イベント一覧に戻る

人気のダウンロードコンテンツ

人気記事ランキング

人気のタグ

無料メルマガを購読する

DIGIFULのSNSをフォローする

  • Twitter
  • Facebook
  • Linkedin